短期間で集中して稼ぐ

FXの魅力はライフスタイルと投資スタイルに見合う取引ができること

fx-lifestyle-transaction

FXは株式投資とよく比較されますが、副業感覚で行う場合はどちらがおすすめなのでしょうか。結論から言えば、株式投資には株式投資ならではの魅力があり、FX投資にはFX投資の醍醐味があるので、どちらが良くてどちらが悪いとも言えません。

もし、これから投資で副業したいと考えているのなら、選択肢はこの他にもいろいろありますので、じっくり考えてみてはいかがでしょうか。
ただし、先物取引は投資の経験がない人には難易度が高いようです。
そこで、投資の未経験者が副業として行う場合の条件について考えてみました。

FX投資はなぜ株式投資よりも副業として人気が高いの?

投資を始める前は、資金にはまだ十分なゆとりがないので、少額資金で行うのが鉄則です。仮に、貯金がたくさんあるとしても、苦労して貯めたお金を投資にすべてつぎ込んでしまうなど、もってのほかです。今後のライフプランもしっかり見据えた上で、無理のない投資を行うことです。

会社員が副業として投資を行う場合、どのような投資スタイルが自分に合うか考えてみましょう。株式投資を短期型投資で行う人もいますが、平日は会社で仕事をするため、仕事が終わった後は証券会社はすでに営業時間外ですから、短期型での投資はまず無理でしょう。

投資をするなら短期型投資だと考えているなら、株式投資よりはFXのほうが適しています。なぜなら、常に海外の市場が開かれていて、しかも取引コストが安いからです。ライフスタイルと投資スタイルに合わせて自由自在に取引ができる、それがFXならではの最大の魅力ではないでしょうか。

スマホ片手に空き時間に副業感覚でFXの取引ができる

FXはこれまではパソコンのインターネット上で取引するのが主流でしたが、スマホが普及した今では、パソコンを使わずにスマホだけを使って取引する人が増えてきました。
スマホの小さな画面上でFXの取引ができるのだろうか?と、不安に感じる人もいるようですが、画面が見づらい場合は画面が大きいスマホに買い換えても良いかもしれませんね。
タブレットでもインターネットができる環境であれば、外出先やお昼のランチの合間にもFXの取引ができます。

「株式投資よりもFXのほうが副業に向いている」と考えている人に、その理由につついて話を聞いてみると「株式投資だと銘柄の数があまりに多すぎて、どれを選んだら良いのか迷ってしまう。その点、FXなら通貨ペア数が限られているので、選ぶのに迷うことがない。」という意見です。

実際のFXの取引では、とくに1種類の通貨ペアに的を絞る必要はなく、リスク分散についてもよく考えて複数の種類で投資をする人が多いようです。
FX投資では、最初から高金利通貨を選んで取引する人は極めて少なく、ほとんどの人が米ドルと日本円、日本円とユーロの通貨ペアを選んでいます。
他国の通貨と比較しても、米ドルとユーロは流通量が極めて高いため、値動き幅にも安定感があります。

FX初心者にとって、最大の魅力はやはりなんといっても、少額資金で気軽に取引が始められることです。今やFXを副業とするサラリーマンやOL人口が増えていますが、実は家庭の主婦にも秘かに人気を集めているのは、そこに秘密があります。

FX投資では取引コストとしてスプレッドが必要ですが、これはFX会社ごとに格差が生じるので、取引コストが気になる人はスプレッド幅が狭いFX会社を徹底的に探してみることをおすすめします。
スプレッドとはFXの専門用語のひとつで、通貨の買い値と売り値の差額のことを指します。たとえば、米ドル・日本円のレートが100.00円 99.98円と表示される場合、この差額がスプレッドとなります。その差が小さいことを「スプレッド幅が狭い」といった表現をします。

関連記事

プロフィール

名前:さちこ
20代後半の独身(結婚願望は人一倍あり)。地方の中小企業で事務職。お給料だけでは将来が不安になり様々な副業に挑戦して早6年。今では副業でお給料以上の収入を得ることに成功し、初心者の方向けに副業コンサルティングをやっています!
≫過去のコンサル実績はこちら
当サイトでは実際に私がやってきた、安全に取り組める副業のやり方と稼ぐコツ等を副業初心者の女性にも分かりやすく紹介します。
なお、ご質問の多かった私のお勧めの副業は、以下をご参考下さい。


副業ランキング

第1位:モコム
メールレディ
詳細はコチラ

第2位:クラウドワークス
ウェブライター
詳細はコチラ

第3位:モア
メールレディ
詳細はコチラ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

第4位:モッピー
ポイントサイト
詳細はコチラ

第5位:ライブでゴーゴー
チャットレディ
詳細はコチラ

ページ上部へ戻る